SEOを行うキーワードをグループ化し、競合サイトの登録やレポート設定を行った後は、キーワード順位の推移を数日観察しましょう。あなたのウェブサイトと競合サイトを比較して強み、弱みがわかってくれば、次の具体的な施策に繋がります。

全体像を把握するまでの間は、Todoリストの確認をおすすめします。

Todoチェック機能

SpresseoのTodoリスト機能 新任のウェブ担当者の為のチェックリスト

Todoリスト機能は、新しく作成したウェブサイトのSEO担当者が行うべき施策を自動的にリスト化しています。ベテランのSEO担当であっても見落としがちな施策や、新任のSEO担当者がチェックすべきTodo施策がまとめられています。

SEOで何をするべきかわからなくても、このTodoを見て一つ一つクリアしていく事で自然とSEOが見に付きます。

以下のようなTodoが50以上のチェックリストから抽出されます。

todoリスト XMLサイトマップ
Todoリスト ページスピード
todoリスト 質の高いコンテンツ

中にはすぐに解決できないTodoもありますが急ぐ必要はありません。抽出されたTodoを参考に施策を一つずつ行いましょう。

※完了したTodoは自動的に「処理済」になるものもあれば、手動でチェックをつけて「処理済」にするものもあります。

一定期間の順位を取得し、推移を確認できるようになったら、内部最適化機能を使用しましょう。コンテンツの質が高く、内部最適化を行っていないウェブサイトであれば、順位が改善する可能性があります。

ページ全てに異なるキーワードで内部最適化を行うことで、各ページの集客が改善され、ウェブサイト全体の集客を増やす事に繋がります。